ここから本文です

仕事紹介

  • 商品開発
  • 生産技術
  • 商品技術

商品開発の仕事

あなたの仕事内容は?

井澤:民生用途に用いられるスイッチの開発を担当しています。最近では、キーボードに搭載するスイッチの開発を手がけました。新商品の開発は、新しい構造から考案し、数値計算やシミュレーションを重ねます。また、お客様とのディスカッションを繰り返し、要望を取り入れて仕様や設計を固めていきます。試行錯誤の連続ですが、社会に貢献していると実感できるやりがいのある仕事です。

OESに入社された1番の理由は?

藤野:商品企画から生産まで一貫して行っており、すべての段階で商品と密接に関係することができるため、お客様のニーズにより深く応えられると感じたからです。また、「チャレンジ精神の発揮」を大きく掲げているため、積極的に自分のやりたい仕事に取り組めると考えたからです。

篠原:先輩社員の話している内容や雰囲気から自分にとって働きやすい環境だと思ったからです。 海外での仕事も多いと聞き、やりがいを感じたことも入社を決めた理由です。

入社前後で、イメージのギャップはありますか?

藤野:自分が思っている以上に、若いうちから仕事を任せてもらえます。もし困ったり、迷ったりしたときには周囲に助けてくれる頼りになる先輩方ばかりです。

篠原:開発業務は1人で開発を進めるというイメージを持っていたのですが、実際にはチームで動かないといい新商品ができない、というところが想像と違っていました。開発商品のアイディアがでない時にはチームで案出し会を行い、よりよい商品の開発をしています。 また、お客様や営業部門・技術部門など社内外の方とコミュニケーションをとることが多く、コミュニケーションの大事さを実感しています。

職場の雰囲気はどうですか?

三好:基本的には、チームでの開発体制で、若手、ベテランがタッグを組んでいますが、開発は、本当に個性あふれるメンバーの集まりです。 大きな声で営業とやりとりしている人がいれば、黙々とデータをにらんでいる人もいたりしますが、ひとたび会議や検討会となると、参加者全員が失敗をおそれず、活発に発言しています。学生時代の問題のように、正解がある仕事ではないので、どんな意見も否定せず、いろいろな意見を集める雰囲気、風土があります。 苦労もありますが、自分の設計したものが形になる、やりがいのある職場です。

月森:私たちがいる職場は新しいものを作り上げるところです。 商品の開発は、設計自体は一人で悶々と考える仕事に写るかも知れませんが、私たちの場合、開発のみんなで一緒に案だしができる職場の連携が強い職場です。また、若手とベテランでチームを組んでおり、若手の勢いと活気、ベテランの持つノウハウが互いに活かしあえる風土があります。さらに、業務そのものが未開の地を開拓する仕事でもあるので、新しい考えで世の中に無い商品を作り出すという、やる気と自分の意思が活かせる職場です。

篠原:自分のやりたいことにチャレンジしやすい雰囲気の職場です。 困り事があれば気軽に相談できる、頼りになる先輩がたくさんいます。まだまだ経験の浅い私でもいろいろな仕事をさせてもらっていて、やりがいを感じています。

仕事のやりがい、面白さを教えてださい

井澤:お客様や市場のニーズから、それに応えられるアイディアを考えて形にすること。形になった商品が世界中で使われているということは非常にやりがいがあります。 お客様のニーズに応えるためには、性能・コスト・生産など様々な要素を考えなければならず、いつも順調ではありません。ニーズの背景を理解して社内関連メンバーと協力し合い、時には自社・お客様双方にメリットのある方法を違った形で提案することもあります。その提案でお客様に感謝の言葉をいただいたときには「頑張って良かった」と感じます。また、開発に携わったスイッチが採用され、搭載された製品がインターネットなどのメディアに取り上げられているのを見つけると、気になって仕方がありません。

商品ができるまでの流れ