ここから本文です

環境経営

オムロンスイッチアンドデバイスは、環境への取り組みを社会貢献活動の延長線上にあるものではなく、コンプライアンスの一環として位置付け、持続可能な循環型社会への貢献を目指した環境負荷低減に取り組んでいきます。

オムロングループ環境方針

オムロンは、「環境や自然との共生」は企業活動の絶対条件であり、「環境保全」は企業の責任として取り組むべき重要な経営課題であると認識しています。この認識のもと、1996年に「オムロングループ環境方針」を制定しました。オムロンスイッチアンドデバイスは、この「オムロングループ環境方針」に従い、

  1. 事業活動にともなう環境負荷低減
  2. 環境保全に関する製品や技術の創出・普及
  3. エコロジーとエコノミーを両立させる環境経営を推進
  4. 社員に対する環境教育および啓発活動を行い、環境意識を醸成

を原則として企業活動に取り組んでいます。

環境ビジョン 「グリーンオムロン21」

21世紀企業としての「環境経営」の方向性を示す環境経営ビジョンと、活動内容・目標を明確にした環境行動計画を示したもので、オムロングループ全体で実践しています。

エコ・マネジメント -経営に環境を組み込む-

  • 環境会計を導入
  • 「環境マネジメントシステムISO14000」を取得

エコ・プロダクツ -環境に貢献する商品の提供-

  • エコ商品の開発
  • 規制化学物質を全廃

エコ・ファクトリー/ラボラトリー/オフィス -環境に優しい事業活動-

  • ゼロエミッション工場を実現
  • 省エネによるCO2を削減

エコ・コミュニケーション -情報公開と社会貢献活動-

  • 環境貢献活動の推進

エコ・ロジスティック -環境に配慮した物流-

  • 輸送時のCO2削減
  • 脱ダンボールなど省資源

エコ・マインド -全員が高い環境意識を持ち活動-

  • 環境教育を実施
  • 環境啓発イベントを実施

環境への取り組み

活動項目 活動内容
エネルギー(電力・燃料)使用量削減 省電力設備の導入
  • 受電トランスの省電力化
  • 空調をエコアイス・ガス化
既存設備の省電力化
  • インバータ化
  • 電源自動OFF化
廃棄物削減/省資源化 再資源化推進
  • 廃プラ2とゴム屑のRPF化
  • 一般ゴミと木屑のRPF化
  • 廃食油の再資源化(飼料・石鹸に再生)
省資源化推進
  • 納入箱の通い箱化
  • IT化、DB化によるコピー用紙削減
水洗浄廃液の蒸留濃縮装置導入
規制化学物質削減 規制化学物質の管理システムの構築
  • 環境保証製品設計支援システム(E-Warps)
  • 部材含有化学物質調査支援システム(Rechs)
製品中に含まれる有害物質の削減
グリーン調達の推進

環境活動の経緯

2003年4月 グリーン調達運用開始
2004年5月 E-Warps運用開始
2005年2月 鳥取県より「環境にやさしい公共交通機関利用推進企業」の認定(第1号)(※オムロン倉吉(株)として)
2005年2月 Rechs運用開始
2006年3月 ゼロエミッションレベルII達成
2006年3月 鉛・水銀・カドミウム・六価クロムを全廃(特定客先を除く)
2006年9月 岡山県クールビズ賞受賞(※オムロン山陽(株)として)
2007年12月 「島根県地球温暖化防止大賞」を受賞(※オムロン出雲(株)として)